このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社 リクルートキャリア

「知的能力」と「性格」の2領域を測定

SPI 3は、「知的能力」と「性格」の2領域において、コンピテンシーのもとになる基本的な資質を測定しています。この2つは人間の行動のベースとなる比較的変化しにくい領域であり、未経験の職務や新しい環境への適応のしやすさ、将来の成功度を予測することが必要な人事場面で広く有効に活用できます。


インタビュー

[適性検査] 総合検査SPI3シリーズ

40年以上にわたって蓄積された豊富な実証データと、
高度な心理測定技術の融合により、
SPI3は多くのお客さまに選ばれています

  • 手間を削減したい
  • 学生の質を見極めたい
  • 面接官を養成したい
  • 採用ツールを準備したい

対象エリア 全国
対象企業規模 1名 ~ 上限なし
価格 性格検査のみ 3,000円/名~ 能力検査のみ 1,500円/名~(インハウスCBT実施の場合)(詳細

サービスの強み

  • 豊富な蓄積データと高度な技術に基づいた確かな品質
  • さまざまな人事場面で活用できる報告書
  • 運用パワーの削減と効率的オペレーションを支援

適性検査に関する基本情報

導入までの日数 最短当日より利用可能 (専用申込書による弊社へのお客様登録完了後)
検査時間 約35分(インハウスCBTで能力検査のみ実施の場合)
検査方法 実施形態 : テストセンター、WEBテスティング、インハウスCBT、ペーパーテスティング
結果までの時間 受検終了後に専用ホームページで即時ダウンロード可能(ペーパーテスティングを除く)
測定領域 ◇知的能力、◇性格、◇職務・組織適応性

サービス詳細

●総合検査SPI 3シリーズ

コンピテンシーのもとになる基本的な資質を測定します。

実施対象
大学院・大学・短大・高校卒業見込みの就職希望者、一般企業人

実施時間
・性格検査:約30分、能力検査:約35分
 組み合わせる能力検査や実施形態によって検査時間/項目数が異なります

実施料金
性格検査:3,000円~ 能力検査:1,500円~
※検査種類・実施形態によって、料金体系が異なります
 ・上記は、インハウス方式での標準料金となります
 ・テストセンターの場合は5,500円(性格+能力検査)
 ・WEBテスティングの場合は4,000円(性格+能力検査)
 ・上記は税抜表記

実施形態
テストセンター方式・インハウスCBT方式・WEBテスティング方式
 (SPI3ペーパーテスティングは、2014年1月より提供開始)

対応テーマ
新卒・中途の適材採用

活用場面
・採用選考時の面接における人物理解の参考資料として
・採用選考における選抜の基準として
・配置・配属における参考資料として
・マネジメントや研修場面での自己理解・相互理解ツールとして


特長

<豊富な蓄積データと高度な技術に基づいた確かな品質をご提供します>
40年以上の歴史を持ち、適性検査のスタンダード「総合検査SPI」の豊富な蓄積データと高度な心理測定技術をベースに、最高水準の信頼性・妥当性・標準性を確保し、毎年専門組織によりその測定精度の検証とメンテナンスを行っています。

<お客様の利便性と受検者の公正性を追求したサービスをご提供します>
WEBテストの利便性と本人認証による公平性を兼ね備えたテストセンターサービスをご提供しています。また、初期選考でのご活用にふさわしいステップ報告プラン、大量割引プランなどお客様のご状況に合わせて料金プランをお選びいただけます。

<専門の研究組織を設け、継続的な検証・研究を実施しています>
人事測定に関する専門の研究組織を設け、年間100万人を超える受検者データを用いて測定結果についての検証作業を行っています。また、受検の結果と人事評価の関係を分析するなどの追跡研究も行っており、その結果は産業心理学会など関連学会にも発表し、貴重な実践的研究として高い評価を頂いております。


料金の目安

性格検査のみ 3,000円/名~ 能力検査のみ 1,500円/名~(インハウスCBT実施の場合)

テストセンター (SPI3-U/G/H、UE/GE/US/USE※) ※E:英語能力検査 、S:構造的把握力検査
 -標準プラン      基本料金   0円  実施料金  5,500円~
 -大量割引プラン   基本料金 50万円  実施料金  4,500円~
 -ステップ報告プラン※

※その他の実施形態の料金プランとあわせて、下記の「お問合せ・相談」ボタンより、お問い合せ下さい。

実績

実績

総合適性検査SPIシリーズは毎年 9,050社(2011年度)のお客様にご利用いただき、
年間約 138万人  の方々に受検いただいている適性検査です

活用例
<3種類のSPI3オプション報告書>
・「本人フィードバック用報告書」を本人に返却することで、自らの性格特徴をより鮮明に理解できるようになり、
 マネジメント場面等での相互理解の促進にもつながります。
・「面接支援報告書」を使うことによって、限られた時間の中で、人物イメージと掘り下げて確認したいポイントを
 つかんでいただくことができます。
 人事以外の現場面接者の方々が面接を行う場合に便利な報告書となっております。
・「育成支援報告書」を回答者の上司や育成担当者に返却することによって、部下/後輩の特徴とかかわり方
 のポイントをつかんでいただくことができます。

<サポート体制&オプションサービス>
充実したサポート体制とオプションサービスによって、人材要件の明確化から採用活動の総括まで、SPI3のトータルな活用を支援しています。

<無料セミナー開催>
SPI3を初めてご利用いただく方に向けて、SPI3の使用方法をご紹介する無料セミナーを定期的に開催しております(東名阪をメインに主要都市にて開催中。日程など詳細は弊社HPをご参照下さい)。

<各種無料サポートツール>
面接質問例や評価の視点が掲載された解説書、報告書の読み方を学習できるCD-ROMなど、SPI3を使った採用活動を支援するさまざまなサポートツールをご用意しております。

<SPI3要件明確化サーベイ>
SPI3要件明確化サーベイを実施することによってSPI3のフレームで人材の要件を明確化することが可能になります。

<データの集計・分析>
SPI3のデータを集計・分析をすることで、応募者や内定者全体の特徴を見たり、その経年変化を捉えるといったような観点からの採用活動の総括が可能になります。

無料相談・資料請求こちら。
プライバシーマーク