適性検査.jpトップ > 相談掲示板 > ネガティブチェックで行っておくと良い検査は?
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

ネガティブチェックで行っておくと良い検査は?

投稿日:2020/01/27 16:19 ID:QA-0089981

解決済

いつもお世話になっております。

採用活動に尽力したにもかかわらず、入社後に早々と辞めてしまう社員が毎年少なからずいます。

そこで、入社後のトラブルや早期退職を防ぐことなどを目的に、ネガティブチェックを強化したいと考えています。具体的に検討しているのは、ストレス耐性・適性検査です。これらを利用する際に、注意するべきこととは何でしょうか。

また、上記以外に行なうと良い検査などがあれば、あわせてご教示いただけると幸いです。
企業側・労働者側の双方にとって有益な採用になればと思っています。

ちょんまげ鰻さん  東京都  電機(501~1000人)  回答数:3件 カテゴリ:中途採用
A

一長一短

増沢 隆太 /人事・経営コンサルタント

テスト利用も、その内容によってさまざまなので、テスト業者から、どのような特性が測れ、どう判断すべきかは購入前にしっかり説明を受け、納得できたものを購入すべきと思います。

入社前に完全に人間性などが見抜ければありがたいと、すべての人事は考えていると思いますが、残念ながらコンサルタント会社の宣伝通りにテストだけでストレス耐性を見抜くのは難しいでしょう。あくまで参考値であり、就労環境、人間関係など不確定要素によって、そうしたテスト結果はきわめて大きく振れる(結果として退職者も出る)でしょう。
特定の商品のお薦めはできませんし、そのような理想的なものがあるとは考えられませんので、じっくり面接などで審査していく、その採用経験値を重ねていくべきと考えます。
投稿日:2020/01/28 10:43
ご回答、参考にさせていただきます。
ありがとうございました。
投稿日:2020/02/14 10:34
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、注意すべき点としましてはあくまで早期退職の防止が目的ですので、検査結果については当然ながら漏洩や目的外の使用をされないよう厳重な情報管理を行う事が挙げられます。

ちなみに、余り検査内容が多くなりますと応募者側での負担に加えかえって選考に混乱をもたらす可能性も生じますので、挙げられている位に留めておかれる方がよいでしょう。
投稿日:2020/01/28 11:01
ご回答、参考にさせていただきます。
ありがとうございました。
投稿日:2020/02/14 10:34
A

投稿拝見しました。

森 謙太郎 /株式会社パフォーミア・ジャパン 代表取締役

お世話になります。

人材をよく調べて、適材適所に近づけ、ミスマッチを減らすコンサルティングを専門に行っています。

採用は、様々な面から多角的に人材を評価する必要があります。

ほとんどのクライアントには、
・性格適性
・パフォーマンスチェック
・IQ
・コミュニケーション能力
などをお勧めしています。

技術者であれば、図形や論理性、実技試験などをお勧めすることもあります。

業種や職種によって、見るべき観点は違いますが、ネガティブチェックだけなら、性格適性検査でしょう。

弊社でも性格適性は扱っていますが、他社でもいろいろあります。価格、精度、内容などはバラバラですから、無料トライアルで、実際に自社で受検してみて、自社に合うものを探すのがいいでしょう。
投稿日:2020/01/28 11:56
ご回答、参考にさせていただきます。
ありがとうございました。
投稿日:2020/02/14 10:34
適性検査をお探しの企業様へ

『適性検査.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク