このエントリーをはてなブックマークに追加

パルスサーベイ
[パルスサーベイ]

「パルスサーベイ(パルス調査)」とは、簡易的な調査を短期間に繰り返し実施する調査手法のことで、主に従業員の満足度調査に用いられます。「パルス(pulse)」は、日本語で脈拍のこと。脈拍のチェックをするように、組織と個人の関係性の健全度合を測ることを目的としています。短期反復型のパルスサーベイに対し、年に1回程度じっくり時間をかけて行う調査は「センサス(census)」と呼ばれます。
(2018/4/25掲載)

パルスサーベイのケーススタディ

ITの進化でパルスサーベイが容易に
大切なのは、結果から組織をどう改善していくか

この10年ほどで、「エンゲージメント」という言葉はかなり浸透しました。従業員のエンゲージメントを、従業員満足度と同義だと認識している人は多いかもしれませんが、実は少し違いがあります。エンゲージメントとは、組織への貢献に対する主体性の程度のこと。例えば会社が心地のよい環境で、従業員にとって満足度が高くても、従業員の主体的な関わりが弱い組織はエンゲージメントが低く、業績も低迷していることが往々にしてあるのです。

エンゲージメントと業績との相関関係は、さまざまな調査で実証されています。企業は従業員満足度だけでなく、エンゲージメントも高めていかなければなりません。そのためにはまず、現状を正しく知る必要があります。ここで、従業員サーベイの出番です。

従業員サーベイの中でも、大規模な調査は「センサス」、小規模で高頻度な調査は「パルスサーベイ」と呼ばれます。それぞれに特色があり、センサスは年に1度程度のインターバルで行われ、数十問という設問から多面的に回答してもらいます。問題の原因解明や、部署や年次ごとの比較を行いやすいのがセンサスのメリット。一方パルスサーベイは、週1回や月1回といった高頻度で調査を行います。その代わりに回答者や集計担当者への負担が少なくて済むよう、設問数も5~10問程度に抑えられていることが一般的です。

週に1度ともなると、運用担当者の負担も大きいように思えますが、ITの進化にともない、パルスサーベイも人事担当者の負担を抑えながら実施することが可能になってきました。IBMが提供するエンゲージメントを可視化するサービス「IBM Kenexa(ケネクサ)」や、リンクアンドモチベーションが提供する組織改善クラウドサービス「モチベーション・クラウド」など、パルスサーベイの実施を助ける製品が多数販売されています。また、Slackのようなビジネスチャットツールのアンケート機能でパルスサーベイを実施している組織もあるようです。

重要なのは調査そのものではなく、その結果を受けて組織がどのように改善していくか、ということ。自社が目指したい方向性をきちんと言語化し、すり合わせた上で、個々のパフォーマンスを最大化させる。その姿勢が、従業員のエンゲージメントをさらに高めていくのです。

その他の用語

適性検査をお探しの企業様へ

『適性検査.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク