適性検査.jpトップ > セミナー > 【9月26日に変更になりました】ラーニングファシリテーションの基礎技術勉強会 〜“教える/できるをサポートする” 技術と、  “教えない/自ら学ばせる” 技術〜
このエントリーをはてなブックマークに追加

【9月26日に変更になりました】ラーニングファシリテーションの基礎技術勉強会
〜“教える/できるをサポートする” 技術と、
 “教えない/自ら学ばせる” 技術〜

本勉強会は、「実務経験を活かしながら、基礎理論に基づいた技術を身につけたい」人のために企画されました。
開催日時 2017/09/26(火) 13:00 ~ 18:00(受付12:50~)
会場 東京都/千代田区 人をテーマにした研究スペース〝Yosemite〟
受講費 5,000円 
(支払方法/当日現金支払い)
主催 株式会社エイチ・アール・ディー研究所
このセミナーに申し込む 期限:2017/09/21(木) 11:00

セミナー概要

※9月26日に変更になりました。

【ご案内】

明治以降の学校教育の基本は「講義(少しだけ実験)」「復習」「テスト」でした。
歴史的に見ると、これは「学び」のためのシステムではなく、中国の科挙を源とする
「統治」のためのシステムであると、よく言われます。

ところが、グローバルな教育では、生徒や受講者同士のディスカッションも盛んで
日本ではまだまだ一般的な「一方的な講義」は全く鳴りをひそめています。
理由は単純で「一方的な講義」は最終的に「できる」ようになるためには非効率的な
やり方だからです。では「効率的なやり方」とはどのようなものでしょうか?

アメリカでは、この問いに1950年代から多くの研究者が取組み、理論立て
実践してきました。その先駆者であるガニエを中心として、まず、
“教える/できるをサポートする” 技術 に関しての理論を解説します。

一方、近年では「答えのないもの」を考えるということそのものを“学ぶ”と
いう領域があることが、よく知られてきました。大きな影響をもたらしたのは
マイケル・サンデル教授のNHK「ハーバード白熱教室」でしょう。

また、早稲田大学の向後教授は、「自ら挨拶をする」など、“主体性”とも呼べる
領域について、知識とスキルの教育(「できる」ための教育)とは異なり、
“教えることはできない”と言い切っています。
※“教えて”しまったら「自ら挨拶する」ではなく「言われて挨拶する」になるため

しかし、このような領域でも、“教えない/自ら学ばせる” 技術 が存在します。
“教える/できるをサポートする” 技術 が適用できるものもありますが、
その延長線上にはありません。それは異なるものです。

これらを“相互学習モデル”としてまとめたR.シュワーツ を始め、
“学びの状況のデザイン”や、“「学び」のためのファシリテーション”などの
“教えない/自ら学ばせる” 技術 に関しての理論を合わせて解説します。

このような理論群は知っているのと知らないのとでは大きな差となります。
より効果的な学びへのヒントを得たいあなたのための講座です。

【取りあげる主な基礎理論・モデル】

プログラム

日時 内容
1日目
13:00 ~ 13:30

オリエンテーション

・人文学系の「理論・モデル」とは
・「理論・モデル」と実践とを結びつけるために
1日目
13:30 ~ 16:00

“教える/できるをサポートする” 技術 に関して

・バナシー知識/スキル/態度
・ヤングICEモデル
・ヴィゴツキー最近接発達領域
・ブルーム教育目標のタクソノミー
・ヴルーム期待理論
・ノールズ成人学習理論
・ガニエ9教授事象
・ケラーARCS 動機付けモデル
1日目
16:00 ~ 18:00

“教えない/自ら学ばせる” 技術 に関して

・コルブ体験学習理論
・デシ自己決定理論と自律的モチベーション
・タックマンチームの発達段階
・シュワーツ相互学習モデル

講師情報

吉岡 太郎(ヨシオカ タロウ)
株式会社エイチ・アール・ディー研究所 取締役
東京大学大学院修了後、ウィルソン・ラーニングワールドワイド株式会社に入社。 パフォーマンスコンサルタント/インストラクターとして独立系ITベンダープロジェクトマネジメント力強化プロジェクト、ユーザー系ITベンダー人材開発アウトソーシングプロジェクトなどを担当。 2005年からは株式会社エイチ・アール・ディー研究所にて認知科学の観点からの研修プログラムの設計・開発や、「人材開発担当者のプロフェッショナル化」を支援するための各種アセスメント・ワークショップなどを開発・実施している。 共著に「プロフェッショナル・トレーナーへの道(日経BP出版)」がある。

セミナー詳細情報

開催日時 2017/09/26(火) 13:00 ~ 18:00(受付12:50~)
会場住所 千代田区岩本町1-13-58ビル 3F(地図を表示
会場名 人をテーマにした研究スペース〝Yosemite〟
講師 吉岡 太郎
受講費 5,000円
支払方法 当日現金支払い
定員 20名
参加申込期限 2017/09/21(木) 11:00
申込後のキャンセル期限 2017/09/21(木) 11:00
受講対象者 管理職、営業・販売・サービス
主催 株式会社エイチ・アール・ディー研究所

主催者情報

  • 社名:株式会社エイチ・アール・ディー研究所
  • 所在地:〒1010032 中央区銀座6-16-12 丸高ビル3階
  • 事業内容:人材育成・研修
  • 代表者名:吉田繁夫
  • 従業員数:30名
  • 資本金:1,000万円
  • お問合せ先:
  • URL:http://www.hrdins.co.jp/
このセミナーに申し込む 期限:2017/09/21(木) 11:00
適性検査をお探しの企業様へ

『適性検査.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク