適性検査.jpトップ > 専門家コラム > この面接、どれ程に向き合えているだろうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
専門家コラム

この面接、どれ程に向き合えているだろうか?

2011-08-17 テーマ: 人材採用

入社して、最初の配属はお客様の採用活動を支援する部署だった。また、
同時に、自社の新卒採用も担当した。

配属して間もなく、ある方から、「選考活動は、組織として、その人の
人生を半分預かる心構えを持って臨まなければならない」と教えて頂いた。

確かに、働く時間というのは人生の大半を占める訳で、将来、
「私の職業人生はどのようなものであったか、満足できるものであったか」と
振り返る時のことを考えると、本人次第の部分は大きいが、組織にとっても
責任のあることだと思う。(採用のあり方や環境づくりという面において)

また、新しく人が加わるということは、組織の風土、パフォーマンスに
大きく影響を与えるものである。

本人にとって、組織にとって、この入社・採用が良いことなのかどうか。

後になってみれば分からないことではあるが、選考を通じてそのことを
追求し続けることの重要性と難しさを感じた。

組織として社員の定着や成長を支援する環境をつくることは重要だが、
その一方、「うちの組織に適応でき、自ら切り拓き、貢献できる力を
持った方なのかどうか」ということを慎重に見て、考えなくてはならない。

そのためには、組織の人材像を持つことや、有効なアセスメント手法を
持つことは欠かせない。

弊社においても、自社の採用活動において、様々な選考手法・ステップを
設けているが、最終的には、以下のような点は特に心がけている。

【1】組織に向き合った“原体験”を理解する

弊社は、「組織」をテーマにした会社。よって、ご本人が、組織に対して
向き合ってきた“原体験”はどのようなものか。また、その原体験を通じて、
どのような考え・想いを持つに至っているのか、理解に努めることが
重要だと思っている。

【2】今の所属組織にピリオドを打つことに関する考えを理解する

次に、転職するという状況において、今の組織での役割や使命にどのように
してピリオドを打つのか、というご本人の考えを理解するよう努めている。

自分の置かれている環境を変えることが必要な時と場合はあるが、
『組織をより良く変えていこう』ということをテーマにする会社としては、
これまで、どのように組織に向き合って、どのようなことに挑戦して、
なぜ、転職を決意するに至ったのか。
正解などはないが、そこに関するご本人の考えを理解することが重要だと
考えている。

【3】弊社に入社することの人生における意味を理解する

そして、ご本人の人生のストーリーにおいて、弊社に来ることは、どのような
意味を持つのか。また、これから社会の中でどのような役割を果たしていきたいと
思っているのか。考えを理解することが重要だと考えている。

採用活動を行うにあたり、経営環境がスピーディに変化する中で、
「今の組織に必要な人材とはどういう人であろうか」と考えを持っていること。

そして、有効なアセスメント手法を持つことはもちろんだが、最後は“人と人”。
限られた時間の中ではあるが、「応募頂いた方の職業人生としっかり向き合うこと」の
重要性を感じている。

株式会社マングローブ 組織変革コンサルタント
☆ チャレンジ&チェンジ ☆
社員皆で気持ちよく業績を高めていけるようになるために、組織風土の活性化や企業理念の構築浸透、リーダーシップの開発などをサポートしています。熊本出身。趣味は剣道。

専門家コラムナンバー

 専門家コラムバックナンバー一覧へ

適性検査をお探しの企業様へ

『適性検査.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク